2019年 2月 17日 (日)

「亀田家の3男」亀田和毅のメキシコ壮絶修業 12年前、記者が見たデビュー戦は...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦が2018年11月12日、東京・後楽園ホールで行われ、同級2位・亀田和毅(協栄)が、同級1位アビゲイル・メディナ(スペイン)を3-0の判定で破り世界2階級制覇を達成した。3兄弟そろっての世界2階級制覇は史上初の快挙となった。

   亀田家の3男・和毅が本格的にボクシングキャリアをスタートさせたのが、メキシコだった。中学卒業を機に単身、ボクシングの本場に渡り、アマチュアのリングに上がった。今から12年前、和毅が15歳の時だった。

   当時、スポーツ紙でボクシングを担当していた記者は、メキシコに出向いて和毅のアマチュアデビュー戦を取材した。日本から駆け付けたメディアは記者ただ一人だった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

劣悪な環境にあったメキシコ修業時代

   記者がメキシコシティに到着した時、出迎えてくれた現地の日本人が最初に言った言葉を今でもよく覚えている。

「街中で警察官に会ったら目を合わせてはいけない」

   この言葉の意味はすぐに理解出来なかったが、それを悟った彼はこう続けた。

「このあたりの悪い警官は、相手が日本人だと分かるとすぐに寄ってきて身体検査をするんですよ。ポケットを探る時に麻薬などを入れて『これはお前のか。捕まりたくなかったら金をよこせ』となるわけです。私も何度もやられましたよ」

   和毅が修行の地に選んだ場所は、このような行為が頻発するメキシコでも最も危険な地域だった。

   当時和毅が宿舎にしていたのは、バックパッカーが使用する1泊1000円程度の安宿だった。目の前の公園は麻薬の取引場として有名な場所で、夜中に銃声が響くようなところだった。

   練習するジムも環境は劣悪だった。和毅が通っていたジムは、リングとサンドバッグがあるだけの殺風景なジムだった。日本のジムには壁に選手が使用するグローブやヘッドギアなどが掛けてあるのが通常だが、そのジムは選手が用具を置いて帰ると次の日にはなくなってしまうとのことで、選手はみな、道具を持ち帰っていた。パンチングボールでさえ、みなが自前のものを使用し、練習後は自分で取り外して持ち帰っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中