2020年 10月 1日 (木)

豊洲市場の床、早くも亀裂が! →発見から1日で補修

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2018年11月12日朝、豊洲市場(東京都江東区)の床部分に亀裂が発見された。

   場所は6街区水産仲卸売場棟。亀裂があった4階で荷捌きをしているという「龍@鯛ガーマスク」(@ryu_1you_asks)さんやほかのユーザーが、亀裂の様子をツイッターで投稿している。

  • 豊洲市場6街区水産仲卸売場棟 (開場前の16年12月撮影)
    豊洲市場6街区水産仲卸売場棟 (開場前の16年12月撮影)
  • 豊洲市場に入った亀裂(龍@鯛ガーマスクさん提供)
    豊洲市場に入った亀裂(龍@鯛ガーマスクさん提供)
  • 割れた床をどかすと中が露わに(龍@鯛ガーマスクさん提供)
    割れた床をどかすと中が露わに(龍@鯛ガーマスクさん提供)
  • 豊洲市場6街区水産仲卸売場棟 (開場前の16年12月撮影)
  • 豊洲市場に入った亀裂(龍@鯛ガーマスクさん提供)
  • 割れた床をどかすと中が露わに(龍@鯛ガーマスクさん提供)

「引っ掛かってコケそう」「出来た早々でこれは酷い」

   龍@鯛ガーマスクさんは割れた床をどかし、中があらわになった様子も公開している。豊洲市場は18年10月11日に開場し、ようやく1か月を迎えたばかり。亀裂の写真を見たユーザーらは衝撃を受けたようで、

「普通に引っ掛かってコケそう」
「出来た早々でこれは酷いな...」
「はやっ!!!欠陥??」

といった声が寄せられている。

   J-CASTニュース編集部が11月13日、豊洲市場の設備課長を取材したところ、亀裂が入ったことに関しては「事実です」と認めた。亀裂の大きさは正確にはわからないとのことだが、あるユーザーがツイートしたメジャーが置かれた画像を見ると、ゴムのような部分から約20センチの亀裂が2本入っている。さらに亀裂が入った床部分は幾分か沈んでいるようだ。

   設備課長によれば、このゴムのような部分は「目地」という。設備課長は亀裂の原因を、

「目地は他よりも力を受けやすく、何らかの集中した力が働いてヒビが入ったのでは」

と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中