2018年 12月 10日 (月)

過去の「サイバーセキュリティ」担当大臣の事務所に聞いてみた 「センセイ、PC使ってますか?」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   桜田義孝・五輪相(68)が、「パソコンを自分で打つことはありません」と国会で答弁し、話題になっている。桜田大臣が、政府のサイバーセキュリティ戦略の担当も兼務しているからだ。質問議員は「不安で仕方ない」と指摘し、多くのメディアが報じた。

   朝日新聞は、社説でこのエピソードに触れて「『適材適所』には程遠い」閣僚の一人として桜田氏を挙げた。ところで、前任者や過去の担当大臣は、パソコンを自分で使っていたのだろうか。J-CASTニュースが、3人の元担当大臣の事務所に聞いてみた。

  • 11月14日の衆院内閣委で答弁する桜田五輪相(画像は、衆議院インターネット審議中継サイトより)
    11月14日の衆院内閣委で答弁する桜田五輪相(画像は、衆議院インターネット審議中継サイトより)

「自分でパソコンを打つということはありません」

   「サイバー法案担当の桜田五輪相 『パソコン使わず』~」(時事通信)、「衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず」(毎日新聞)――2018年11月14日、各メディアのウェブ版記事にこんな見出しが躍った。この日の国会答弁をうけたものだ。

   14日の衆院内閣委員会。今井雅人議員(立憲民主党・市民クラブ会派)が、サイバーセキュリティをめぐる桜田氏の「知見・経験」を質した。この流れのなかで、

「自分でパソコンはお使いになっていますか?」

と質問すると、桜田氏は

「私は25歳の時から自分で独立してやっております。そういうことは、常に従業員、あるいは秘書に指示することでやっております。自分でパソコンを打つということはありません」

と、きっぱりした口調で答えた。

   衆議院が公開する動画を確認する限り、この回答のくだりで場内がどよめくような反応は確認できなかったが、今井氏は

「パソコンをいじったことがない方が、サイバーの空間のセキュリティ対策をするなんて、とても私には信じられない」

と指摘した。その後のやりとりのあと、

「私は不安で仕方ない」

との感想ももらした。

   また、別議員との間ではUSBメモリに関する微妙なやりとりもあり、「サイバーセキュリティ担当、桜田氏はUSB知らず」(日刊スポーツ、15日ウェブ版)と報じるところも。

   やりとりを伝える記事だけでなく、朝日新聞では16日の社説でも登場した。「閣僚の資質 『適材適所』には程遠い」の見出しで、桜田氏の先の国会答弁を取り上げ、

「就任から1カ月以上たつというのに、所管分野に関する基本的な問題意識がうかがえないのは、何としたことか」
「各国が喫緊の課題として力を入れているサイバーテロ対策を、日本政府が甘く見ているととられかねない」

と指摘した。

「(大臣就任時、本人は)パソコンを使っていましたか?」

   桜田五輪相は、政府サイバーセキュリティ戦略本部(本部長・菅義偉官房長官)の副本部長を務めており、「(同)戦略本部に関する事務を担当する国務大臣」だ。メディアにより表現はさまざまで、「サイバーセキュリティ基本法改正案を担当する桜田五輪相」(朝日新聞)、「サイバーセキュリティ(ー)担当を兼務」(毎日新聞)などとなっている。

   なお、桜田氏の国会答弁にあった「25歳の時から独立」に関して、氏の公式サイト「プロフィール」で確認してみると、26歳頃に「桜田建設(株)創立」とある。社名から類推する範囲では、サイバーセキュリティ分野とは直接は関係なさそうだ。

   今回の国会答弁でにわかに注目された、サイバーセキュリティを担当(兼務)する大臣と、自身のパソコン利用の有無の関係。先任の大臣たちはどうだったのか。J-CASTニュースは15日昼過ぎ、前任、前々任、前々々任の3人の元大臣の事務所に「(大臣就任時、本人は)パソコンを使っていましたか?」などと尋ねる質問状をファクスで送った。

   3人とも当時、五輪相と兼務していた。全員、自民党だ。前任から順に、鈴木俊一・衆院議員(65)、丸川珠代・参院議員(47)、遠藤利明・衆院議員(68)。

   回答期限の16日夕までに、3議員側から回答はなかった。

   元テレビ朝日アナウンサーとしても知られる丸川議員については、政界のある関係者は「本人がパソコンを使ってるかって?使ってるよ」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中