2018年 12月 18日 (火)

SUBARUに業を煮やす国交省 不正、まだやってたのか!?

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   SUBARU(スバル)の不正が止まらない。2018年11月5日の発表は、完成車検査の不正がこの10月まで続いていたというもので、これまでの「17年12月末で終結した」との説明を覆す衝撃的なものだった。一連の不正に関連し、4度目となるリコール(回収・無償修理)も国土交通省に届け出た。度重なる不正に業を煮やした国交省は14日、同社に再発防止を勧告。業務が改善するまで「重点的な監視対象」とする方針を伝えた。

   スバルによると、ブレーキなどの出荷前検査5項目で、遅くとも昨年末には終結していたとしていた不適切行為が、実際は2018年9~10月まで続いていた。バンパー部品が未装着の状態で検査を実施するなど、新たに2 件の不正も発覚。10月中旬以降に実施された国交省の立ち入り検査を契機に改めて従業員に確認したところ、新たな供述が出てきたという。

  • SUBARUの公式サイト
    SUBARUの公式サイト

新体制下でも続いていた

   最初に不正を公表したのは1年余り前の2017年10月。日産自動車の検査不正を受けて国交省から一斉調査の指示があり、調べたところ、スバルでも無資格者による検査が見つかった。翌月に、2010年から17年までに生産された約39万台について、大規模リコールを実施。その後も、燃費・排ガスのデータ改ざんや、ブレーキ検査の不正が相次いで発覚した。

   なかなか「うみ」を出し切れず、2018年9月末には一連の問題に関する報告書と再発防止策を公表。今度こそ区切りつけたはずだったが、そうはならなかった。開いた口がふさがらない事態とは、まさにこのことだ。

   同社は6月、吉永泰之社長(当時)が会長兼最高経営責任者(CEO)に就く人事案を撤回し、代表権のない会長に退く形で責任を明確化したばかり。ところが中村知美社長体制でも不正が続いてことになるだけに、根は深い。中村社長は11月5日の記者会見で「急成長に伴うひずみや気の緩みがあったと反省している。様々なヒアリングで検査員に精神的な負担がかかったのではないか」と述べた。国内唯一の生産拠点、群馬製作所(群馬県太田市)の生産を一時的に減らし、品質管理体制に問題がないか、点検する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中