2019年 11月 21日 (木)

羽生結弦の「王者の滑り」に驚愕 「『3週間安静』であの滑りをできるとは」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズロシア杯で、日本の羽生結弦選手(23)が右足首のケガを乗り越えて優勝したことに、絶賛の声が相次いでいる。

   「情けない演技だったので申し訳ない気持ちでいっぱいです」。2018年11月17日の男子フリーの演技を終えた後の羽生選手は、こう悔しさを露わにした。

  • 羽生結弦選手(2018年2月撮影)
    羽生結弦選手(2018年2月撮影)

演技の構成を変更したが

   とはいえ、公式練習で転倒し、医師から「3週間の安静」を言い渡されたとは思えない演技の連続だった。

   冒頭では、4回転サルコーをほぼ完ぺきに決め、続く4回転トーループも余裕のある着地で降りる。その後も、羽生選手らしいきびきびした華麗なステップで観客を魅了した。3回転アクセルは転倒してしまったが、ケガのため演技の構成を変えても、王者の風格は健在だった。

   ショートプログラム(SP)に続きフリーでも1位をキープして、日本男子で最多の10勝目を挙げた。12月のGPファイナルへの進出も2年ぶりに決めたが、試合後の会見は、松葉杖姿で現れ、全日本選手権も含めて出場は「厳しいと思う」と明かした。

   ただ、「この状況である程度がんばることはできたと思う」「悔しさがメラメラなので、これからまた頑張ります」と決意を新たにしていた。

   ニュースのコメント欄などでは、「3週間安静の状態であの滑りをできるとは驚き」「オリンピックの優勝とはまた違った、感動がありました」「世界選手権でベストな演技を見せてほしい」などとエールが送られた。

   一方で、「捻挫というか関節の怪我って癖になってしまう」「古傷もあるのだから怪我を治すことを優先して」「無理はしないで欲しい」などと今後の影響を心配する声も書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中