2020年 9月 25日 (金)

声優がVTuber運営に抗議する漫画拡散 事務所「著しく企業イメージを傷つけられた」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   人気バーチャルユーチューバー(VTuber)を運営する事務所に対し、声優2人が抗議する内容の漫画がツイッター上に投稿され、波紋が広がっている。

   VTuber担当に決まって所属先を辞めるよう言われたのに連絡が途絶えたという内容だが、やり玉に挙げられたとみられる事務所側は、こうした事実関係をツイッター上で否定している。

  • 声優漫画に反論する事務所のツイート
    声優漫画に反論する事務所のツイート
  • 声優漫画に反論する事務所のツイート

「所属先を辞めるよう言われたのに連絡が途絶えた」

   漫画を投稿したのは、「実話やぞ読んでくれ」というアカウント名のツイッターで、2018年11月に入って開設された。

   「とある人気企業のVtuberに決まっていた声優2人に実際に起こった出来事を漫画にしました。彼女たちと同じ被害にあう方が出ないように描きました」と、19日に拡散希望だとして漫画をアップした。

   漫画によると、5月のオーディションで誘われた声優は、仲間とともに2人組 のVTuberとして夏休みごろにデビューすると「ゲップランド」なる事務所から言われた。8月中旬には、翌月にデビューするため所属先も辞めるように迫られたという。その前に、イベント出演も断るよう言われたとして、事務所名などを伏せてメールのやり取りの写真も貼り付けてある。

   2人は、契約したいと言ったがはぐらかされ、所属先を辞めることに従った。しかし、その後は1か月も連絡がなく、また会っても、契約していないので他社を受けてもいいと言われるなどした。そして、11月上旬になって、この事務所は、VTuberの公開オーディションを行うと告知した。一体どうなっているのかとメールしたが、また連絡が来ないままだという。

   この漫画投稿には、しばらく反応がなかったが、20日ぐらいになって反響を呼び、21日夕現在で3万件ほどもリツイートされている。漫画での名前に近い事務所ではないかと憶測が流れる中で、「電脳少女シロ」といった人気VTuberの事務所アップランドが20日夜、長文の釈明文をツイッター上で公開し、これまでの経緯を明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中