2021年 3月 9日 (火)

高橋洋一の霞が関ウォッチ
どうなる2025年万博、大阪誘致と「三つ巴の戦い」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

維新コンビは「夢洲」にかけた

   その過程で、いろいろ関係者から興味深い話を聞けた。大阪府の千里(吹田市)を会場にしたのは、その当時というか最近まで大阪府と大阪市はいがみ合っており、大阪市に美味しい思いをさせたくないためということをいう人もいた。

   それが、今回は、松井大阪府知事と吉村大阪市長が仲良くそろってパリでの最終決定に臨んでおり、昔の「府市(ふし)あわせ」から隔世の感がある。

   大阪が今回、万博会場と予定するのは、夢洲である。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの少し西にある人工島で、大阪市の西端でほとんど更地である。面積は390ha。東京の湾岸地区の臨海副都心(お台場)が440haなので、同規模だ。今度は、国の天下り法人をつくることにはなるまい。

   大阪万博は、湾岸の最後のフロンティアといわれる夢洲の有効活用策だ。2014年当時、橋下徹大阪市長と松井一郎大阪府知事が提唱し始めた。同時に統合型リゾート(IR)の候補地としても、夢洲を推している。このまま夢洲を「負の遺産」として維持するのか、誘致活動のコストをかけてでも再生、活用するかの究極の選択であるが、維新コンビは後者を選んだ。

   この勝負の半分は、維新コンビの勝ちである。IR推進法は2016年12月、IR実施法も18年7月にすでに成立している。松井府知事が代表を務める日本維新の会は、これらの法律の制定化に大きな貢献をしており、大阪夢洲がIR地区に指定されるのはほぼ確実である。

   残り半分の明暗は、24日には判明する。誘致を期待したい。


++ 高橋洋一プロフィール
高橋洋一(たかはし よういち) 元内閣参事官、現「政策工房」会長
1955年生まれ。80年に大蔵省に入省、2006年からは内閣参事官も務めた。07年、いわ ゆる「埋蔵金」を指摘し注目された。08年に退官。10年から嘉悦大学教授。著書に 「さらば財務省!」(講談社)、「『年金問題』は嘘ばかり」(PHP新書)、「未来年表 人口減少危機論のウソ」(扶桑社新書)など。


今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中