2021年 1月 17日 (日)

「Yahoo!BB戦法」再び? PayPay怒涛の大盤振る舞いは、覇権戦争の終わりの始まりか

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

還元率だけじゃ計れない?覇権の行方

   確かに、国内のスマホ決済には、まだ「ナンバーワン」と言える存在が見当たらない。各社サービスが乱立して、覇権を争う過渡期にある。当然ながらそれぞれに、還元率だけでは語れない「魅力」を持っている。

   加盟店の面で特徴的なのが「楽天ペイ」だ。チェーン店のラインアップは、LINE Payと大きな差はないが、こちらは個人経営の店舗でも多数使える。クーポンがウリなのが、水原希子さんのCMで知られる「Origami(オリガミ)Pay」。これまで10%引きのクーポンや、ローソンのコーヒー無料券などが配布されてきた。

   QRやバーコード決済ではないものの、同じくスマホ決済サービスの「Kyash(キャッシュ)」も、消費者の側からすれば選択肢のひとつだ。ここのVisaプリペイドカードは、ほぼクレジットカード同様の使い勝手ながら、2%のキャッシュバックを得られる(一部対象外)。

   これらに加えて、アマゾンジャパンの「Amazon Pay」や、NTTドコモの「d払い」など、ネットと実店舗の両方で使える決済サービスが増加している。国内・外資がシェア争いをするなか、うまく「ペイ」できて、最後に笑うのはどこか。

(J-CASTニュース編集部 城戸譲)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中