2020年 10月 21日 (水)

テレビのコンビニワープ特集、ちょっと安直? 4日で3番組、ロケ場所も...

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

地方紙やニュースサイトがきっかけ?

   その2日後の21日には、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)もコンビニワープを特集。取り上げ方は「Nスタ」と同様、ドラレコの映像の後にロケの様子を報じるものだった。「モーニングショー」では複数箇所のロケの様子が放送されたが、うち1箇所は交差点に立てられた看板の様子から、「Nスタ」と同箇所と思われる光景が映し出された。

   翌22日には「ビビット」(TBS系)が、やはり、同箇所とみられるコンビニについて「コンビニワープ多発地帯」として特集を放送。やはり朝7時から8時までの1時間について計測を行い、89台の車がショートカット行為を行ったと報じた。

   コンビニワープという言葉自体はそれにしても、決して新しいものではない。特にネット上では、たびたびやり玉に挙げられている。

   直近では、西日本新聞(2018年10月7日付)がこの件を記者コラムで紹介。さらに弁護士ドットコムが11月7日に法的問題も含めて取り上げている。情報番組の取材は、こうした注目の高まりを受けてのものとみられる。

(J-CASTニュ-ス編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中