2019年 5月 22日 (水)

「笑ってはいけない」が大晦日の覇権を奪うまで 初回は「ヌルヌル」に惨敗

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   今年も大晦日に放送されることが明らかになった「ガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の「笑ってはいけないシリーズ」。

   放送決定が発表されるや否や、ネット上では歓喜の声が続々。「紅白の裏番組はこれしかない!」など、13回目となる今回にも熱い声援が寄せられているが、その「笑ってはいけないシリーズ」も放送開始当初から大晦日の民放視聴率のトップだったわけではない。

   同シリーズは2003年7月に第1弾が放送され、05年までは大晦日以外に放送されており、初の大晦日放送となったのは06年のこと。しかし、毎年連続で民放首位となっているのは10年以降で、それ以前はほかの民放の年越し番組と激しい首位争いを繰り広げていた。

  • 「笑ってはいけないシリーズ」に出演する松本人志さん(2016年撮影)
    「笑ってはいけないシリーズ」に出演する松本人志さん(2016年撮影)

2006年はK-1に惨敗していた

   今でこそ民放の王者たる「笑ってはいけないシリーズ」だが。大晦日での放送が始まった2006年の民放首位は「K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!」(TBS系)で、平均視聴率は19.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同)。同大会では秋山成勲選手が自身の体へのワセリン塗布で失格となった「ヌルヌル事件」が有名だ。一方の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!SP~笑ってはいけない警察24時」は2位ながら10.2%と惨敗だった。

   翌07年、「笑ってはいけない病院24時」は06年よりも2.2ポイント平均視聴率を上げ、12.4%を獲得。しかし、「ボブ・サップ選手VSボビー・オロゴン選手」など、好カードで注目を集めていた「K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!」が第2部で14.7%を獲得し、この年もガキ使は2位に留まった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中