2019年 11月 23日 (土)

「一部の人だけが盛り上がって...」 大阪万博決定も街には温度差

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本・大阪92票、ロシアのエカテリンブルグ61票――。アゼルバイジャンの首都バクーを下ろし決選投票に持ち込まれた2025年国際博覧会(万博)の開催国選挙は、「大阪」がロシアを破って、1970年以来で55年ぶり2回目の開催を勝ち取った。

   2018年11月24日1時すぎ、メディアがニュース速報を流し、朝には新聞が号外を打つなど、大阪をはじめ全国に喜びの声が伝えられたが、町の人は意外に冷ややかなようだ。

  • 「大阪万博2025」決定も、盛り上がりは一部の人だけ?
    「大阪万博2025」決定も、盛り上がりは一部の人だけ?

ホテルで関係者300人が歓喜、街ではクス玉割り

   2025年国際博覧会(万博)の開催国を決める博覧会国際事務局(BIE)総会が11月23日(日本時間)にパリで開かれ、日本からは、政府から世耕弘成経済産業相、万博誘致委員会から榊原定征会長(日本経済団体連合会名誉会長)、松井一郎大阪府知事らが最終プレゼンテーションに臨んだ。

   大阪・中之島のリーガロイヤルNCBには、国会議員や大阪府議・市議、関西経済同友会や大阪商工会議所などの地元経済界の関係者ら約300人と報道陣約100人が詰めかけ、そのもようを固唾飲んで見守った。

   24日0時59分、決選投票で2025年万博の大阪開催が決まり、現地の松井府知事らが総立ちとなってガッツポーズする姿が映し出されると、「うおぉ~」と歓喜に沸いた。この日のために準備に明け暮れた府の職員らも目頭を押さえる姿があった。

   喜びの声は大阪の街にも。道頓堀の戎橋南側にある、トンボリステーションではBIE総会のもようをLIVE放映。決定時にはクス玉が割れ、「祝 2025年万博、大阪に決定!」の文字が浮かんだ。

   また、1970年万博の会場だった万博記念公園(吹田市)にそびえ立つ「太陽の塔」は1時45分から、ライトアップでお祝いムードを盛り上げた。

   地元・大阪では、BIE総会前から「ロシア優勢」の声が漏れていたとされ、加えて日産自動車のカルロス・ゴーン会長逮捕の報で「フランスやレバノン、ブラジル、オランダの票がロシアに回る」とのウワサがまことしやかに流れるなど、気が気でなかったようす。それだけに喜びもひとしおだったのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中