2020年 10月 26日 (月)

わずか1年...「27」はく奪の宇佐見に同情 炭谷巨人入りで背番号失う

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

原監督はバッサリ「時期尚早」

   プロ野球は厳しい競争社会とはいえ、ツイッターでは宇佐見の背番号はく奪に巨人ファンをはじめとし、プロ野球ファンから同情の声が殺到している。

「宇佐見がかわいそう炭谷が32でいいじゃん」「宇佐見うぁあわぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!ないた」「炭谷が背番号27ということは、宇佐見は1年でまた背番号変更か...」「宇佐見の27番を取るなよ」「なんで宇佐見の背番号変更すんのよ?捕手で育てるつもりじゃなかったけ?」

   この日の入団会見で原監督は「若い小林、大城、宇佐見、いいキャッチャーはいますが、日本一を狙うには時期尚早」とバッサリ。自身の実績を評価される形となった炭谷は「日本一奪回に向けて力になれるよう、貢献できるよう頑張っていきたい」と抱負を語った。

   来季、栄光の巨人軍の正捕手争いが繰り広げられるが、現時点で原監督が寄せる背番号「27」への期待は大きい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中