2019年 11月 14日 (木)

高千穂事件で「飛び込み」の橋が話題 「イメージダウンになったら残念」地元関係者は困惑

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   宮崎県高千穂町の家族ら6人殺害事件で、関与の疑いも出ている次男(42)が飛び込み自殺したと報じられた巨大なアーチ橋は、観光名所の高千穂峡でも、人気の撮影スポットとされている。

   それだけに、地元の関係者からは、「イメージダウンになったら残念だ」と困惑の声も漏れている。

  • 神都高千穂大橋(写真は、宮崎県西臼杵支庁提供)
    神都高千穂大橋(写真は、宮崎県西臼杵支庁提供)

ロープを使って遺体を吊し上げる作業に驚きの声

   農業男性(72)の家族ら6人の遺体が次々に見つかったと2018年11月26日にメディアが伝えると、神話の里と言われる静かな山あいの町は騒然となった。その後、現場から約3キロ離れた「神都高千穂大橋(しんとたかちほおおはし)」の直下の五ヶ瀬川で次男の遺体が見つかり、飛び込み自殺したと報じられている。

   神都高千穂大橋は、2003年に完成した全長約300メートルの大きな橋で、高さは約115メートルもある。高千穂峡から見上げると、大正時代の「神橋」、昭和の「高千穂大橋」、そして、平成の「神都高千穂大橋」と順に高くなる3つの橋が望める。その眺めから、三段橋の愛称でも呼ばれている。

   次男の遺体は、翌27日朝から警察官30人体制で運び出しが始まり、テレビでも、その様子が実況中継された。

   警察官が遺体をオレンジ色のケースに収め、クレーン車からロープを使って吊し上げていく。その光景に、「あの辺の橋って滅茶苦茶高いんだよね...」「もう完全にサスペンスじゃん」とツイッター上などでは驚きが広がっていた。

   ネット上でグーグル検索すると、一時、「神都高千穂大橋飛び降り」「神都高千穂大橋心霊」といったワードが候補に挙がってもいた。

「自殺の名所」と一部夕刊紙で報じられたが...

   一部の夕刊紙は、高千穂峡一帯の橋を「自殺の名所」と報じたが、検索では、神都高千穂大橋で過去に自殺がどれだけあったのかは分からなかった。

   高千穂署に11月27日、J-CASTニュースが取材すると、少なくともここ1年は飛び降り自殺を聞いたことがないとした。

   西臼杵広域行政事務組合消防本部は、警察からの依頼で捜索補助などの出動をすることが、年に0~2件ぐらいあると取材に答えた。今回は出動しなかったそうだ。神橋や高千穂大橋では、ここ数年警察からの依頼はないという。

   宮崎県西臼杵支庁の土木課は、神都高千穂大橋での飛び降りは、過去3年は聞いていないが、それ以前には数人いたと明かした。ほかの2橋は、高さがないため、ほとんど聞いていないという。管内には、自殺対策としてフェンスを張っている橋もあるが、三段橋についてはフェンスがないとしている。

   ただ、高千穂峡は、17年は約130万人もの観光客が訪れているため、地元の関係者は、「イメージダウンになったら残念で、今回のことに困惑している」と取材に話した。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中