2019年 3月 20日 (水)

三菱自動車、カルロス・ゴーン氏を会長解任

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   三菱自動車工業は2018年11月26日、取締役のカルロス・ゴーン容疑者(64)について26日付で代表権を解き、会長から解職すると発表した。すでにゴーン氏は22日、日産自動車の会長職からも解任されていた。

   同社は解職の理由として、すでに日産自動車の信認を失っていること、ゴーン氏が代表取締役および取締役会長としての業務を遂行することが困難になったと考えられることを挙げている。次回株主総会までの間、代表取締役CEOの益子修氏が会長に就く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中