2019年 9月 17日 (火)

「またガソリンスタンドがセルフに...」 障害者ドライバーの嘆息

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』
「またガソリンスタンドがセルフになってしまった。周りはセルフスタンドだらけで障害者ドライバーの私は使えない。お陰で2つ市を超えて給油。セルフスタンド作るとき、使えない人用のレーン作って欲しい。もしくはヘルプボタン押したら手伝って」

   これはツイッターユーザーのおそら。(@osora322)さんが、2018年11月20日に投稿した内容だ。27日時点で4万件以上のリツイートを獲得し、話題となっている。セルフ式ガソリンスタンドは1998年に解禁されて以降、増加の一途をたどるが、障害を持つドライバーにとっては必ずしも使い勝手が良いとは限らないようだ。

  • 写真はイメージ
    写真はイメージ

「声をかけるのも結構勇気がいります」

   J-CASTニュースは2018年11月22日、おそら。さんを取材した。

   おそら。さんは交通事故によって脳脊髄液減少症、線維筋痛症と胸郭出口症候群を患い、現在はソーシャルワーカーとして働いている。腕が90度までしか上がらず、握力は1桁台(2~3キロ)、左下肢は麻痺があるという。平坦な場所であれば、装具と杖を用いて短い距離を歩くことができる。

   おそら。さんはセルフ式スタンドについて、

「10年程前から使いづらくなり、次第に古スタンド(編注:フルサービスのガソリンスタンドの意)しか使わなくなりました。もしくは人を連れてセルフスタンドで手伝ってもらっていました。特に困るようになったのはここ3~4年です。古スタンドが廃業したり、セルフスタンドに変わり始めてから困るようになりました。開店当初は外にスタッフがいても、時間が経過して、特に仕事帰りの夕方になると人が外に出ておらず頼むことすら難しくなりました」

と話す。おそら。さんは以前、セルフ式ガソリンスタンドでスタッフに頼んだところ「ここはセルフなんですよ」と言われたことがあり、「声をかけるのも結構勇気がいります」とのことだった。

「フルサービス希望のレーンを作ってサービス料を取るなど対応してくれると嬉しいなと思います」
「頂いたご意見の中に『携帯電話でコールできる番号を表示してある』という物がありました。それもいい意見だなと思います。気兼ねなくサポート依頼ができますし、設備費もいらないですもんね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中