2018年 12月 17日 (月)

「銀ブラ」語源、銀座でブラジルコーヒーが「正解」 「ふしぎ発見」紹介で議論...識者に聞く

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

「ふしぎ発見」放送後にネットで議論

   しかしこの「銀ブラ=ブラジルコーヒーを飲むこと」説、以前より一部からは真偽を疑う声が寄せられている。

   実際に、前述の長谷川さんの著書で引用されている文化人の文章のいずれにも「銀ブラ=ブラジルコーヒーを飲むこと」と明記したものはない。当時の学生たちの「銀ブラ」のルートに「パウリスタでブラジルコーヒーを飲む」ことが含まれることはあったようだが、

「三田からここ(編注:パウリスタ)まで歩いてきて、コーヒー一杯を飲む、それが銀ブラの何よりの楽しみだった」(小島政二郎「甘肌」より)

という風に、「銀ブラ」が「ブラブラ歩く」「ブラジルコーヒーを飲む」どちらの意味を指すのか定かでない。

   「世界ふしぎ発見」の放送終了後も、『三省堂国語辞典』編集委員の飯間浩明さんや、ライターの杉村喜光(知泉)さんなどが疑問を呈し、ネット上では物議を醸している。

   杉村さんは「世界ふしぎ発見」の放送後、以下のように投稿している。

「11月10日放送の #世界ふしぎ発見 で『銀ブラの語源』として『銀座でブラジルコーヒーを飲む』が正解となる問題がでました。番組では『銀座でブラブラ』も挙げ諸説あるとしていたけど、ブラジルコーヒー説は出典の判明しているガセです」(2018年11月12日)

   『三省堂国語辞典』編集委員の飯間さんも、

「杉村さんの報告を拝見するかぎり、番組は『銀座でぶらぶら』が事実に合った語源だと知りつつ、意識的に誤った語源説を流したのでしょう。『諸説あります』というごまかしの呪文を安易に使って、フェイクを放送することに罪悪感を持たなくなった。結果として、番組全体の信用を落とすことになりました」(2018年11月12日)

と投稿。2014年7月7日にも『三省堂国語辞典』(第7版)を引用し、

「『三省堂国語辞典』では『銀ぶら』は〈東京の銀座通りをぶらぶら散歩すること〉と説明。『銀座でブラジルコーヒー』説を誤りとしています。『ブラジル』説は商業的に宣伝されだしたもので、古い文献にはありません(あるように宣伝しているが、誤り)。」

と、投稿している。

   J-CASTニュース編集部は2018年11月16日、飯間さんを取材した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中