2018年 12月 19日 (水)

シカ衝突で乗客と復旧作業 JR東日本「問題ない」、労組「感電の危険」と意見対立

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   JR五日市線で起きたシカとの衝突事故の対応をめぐり、JR東日本労働組合八王子地方本部(東京都八王子市、以下労組)が、「必要な場所への要員配置を怠った会社の経営判断の誤り」だったと批判している。

   事故は2018年10月18日18時49分ごろ、武蔵五日市~武蔵増戸駅間で起きた。電車がシカと衝突し、車両下にシカが挟まってしまった。事故では乗員だけでの対応が難しかったため、乗客に協力を依頼。線路上で乗員とともにシカの搬出にあたった。

  • 武蔵五日市駅
    武蔵五日市駅

安全・衛生面に疑問符

   労組が10月29日に発表したリリースと、J-CASTニュースが12月3日にJR東日本八王子支社広報課へ取材したところによると、乗員が関係社員に作業要請をしたところ、「現場に到着するのが 30 分以上かかる」「乗務員だけでは搬出は困難」との理由で、乗員・乗客で搬出をするよう指示があった。そのため、乗員2人と依頼に応じた5人の乗客でシカを撤去した。同様の事例は初めてだという。

   労組は、架線から電気を受け取るパンタグラフが降りておらず感電の危険があり、さらに衛生上にも問題があったとして対応を批判。「そもそも『お客さまを線路に降ろさない』ことは大前提のはず」とも指摘している。

   今回の原因は「"運行優先体質"と"必要な場所への要員配置を怠った会社の経営判断の誤り"」だとして再発防止などを訴えた。

   今回の対応については、12月2日ごろに一般のツイッターユーザーが言及しネット上でも議論に。「これはダメでしょ...」「客に一定の協力を求めることは当然です」と賛否両論あがっている。

JR側「状況に応じて判断した」

   JR東日本八王子支社広報課の担当者は12月3日、取材に「状況に応じて判断をさせていただきました」と話し、対応に問題はなかったとしている。J-CASTニュース編集部の取材に、「安全を確保した上で行わせていただきましたし、人員の配置もしっかりとさせていただいている」と答えた。

   なお、労組は12月1日発行の機関誌で、

「(今回の件は)安全配慮義務を欠いた行為であり『究極の安全』(編注:同社経営ビジョンのコンセプト)から逆行していると考えるが、会社の見解を示すこと」
「異常時等における旅客への協力要請においては、人命に係わる事象以外には行わないこと」

などを会社に申し入れたと伝えている。

   (12月4日11時40分追記)JR東日本八王子支社広報課の担当者は12月3日の取材時に、乗客がシカの撤去作業に協力したことを否定しなかったが、記事配信後の4日9時50分過ぎ、 「(乗客が)線路に降りたのは事実ですが、シカを撤去したというところまでは至っていない」 と改めて連絡があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中