2019年 10月 15日 (火)

立川志らく、「笑えないけど」ジャルジャルに99点 M-1採点の根拠は...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   漫才日本一を決める「M-1グランプリ」で初審査に臨んだ落語家の立川志らくさん(55)の発言が、ネット上で波紋を広げている。

   志らくさんは、「不徳の致すところ」とツイートしたが、発言の意図も説明している。

  • 立川志らくさんは、ツイートで釈明
    立川志らくさんは、ツイートで釈明

「プロがゲラゲラ笑うのは、そんなに面白くない」

   「99点」。テレビ朝日系で2018年12月2日生放送された「M-1グランプリ」決勝で、お笑いコンビ「ジャルジャル」に志らくさんがこんな高得点を付けたことが分かると、スタジオ内から驚きの声が上がった。

   早速、司会の今田耕司さん(52)から感想を聞かれると、志らくさんはいきなりこう切り出した。

「実は私、ずっと見てて、1つも笑えなかったんですよ」

続いて、こう続けた。

「だけども、ものすごく面白かった。だから、これがプロの芸人を笑わせる芸なのかなというふうに感心して。プロがあまりゲラゲラ笑うようなのってのは、そんなに面白くない、本当は。だけど、もう頭の中めっちゃくちゃ面白かったんですよ」

   志らくさんは、ジャルジャルの漫才はふざけているだけでくだらないと最初は思っていたが、だんだんと昔のコント55号を思い出すような感じにもなったという。今田さんが「なんか不思議なネタでしたね。懐かしさもあって」と返すと、志らくさんは、「だから、この飛んだ漫才には、私はものすごく惹かれましたね」と感慨深げだった。

   とはいえ、99点は、90点前後が多かった中で、際立った高得点だ。結局、ジャルジャルは、3位で最終決戦まで進んで、0票で3位のまま終わっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中