2019年 6月 19日 (水)

ゴミ、路駐、芝生での直火に柵破壊も... 「聖地」一時閉鎖に追い込んだ迷惑キャンプ客の行状

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

猪名川町担当者「心を痛めている状態です」

   猪名川町地域振興部の担当者は12月4日、J-CASTニュースの取材に、

「これまで公式サイトや看板、管理者による直接のお声がけでマナーを守っていただくよう呼びかけてきましたが、いくらやっても改善が見込めませんでした」

と、今回の決定にいたる背景を説明。口コミなどの効果で年々利用客が増え、それにともないマナー違反も目立つようになったという。

   再開のめどは立っておらず、一度封鎖して今後のあり方を検討していく。

「猪名川町としてもキャンプ場は自然豊かでとても良いところだと思っています。ただ、ごみで荒らされたりするのは地元の管理者も含め心を痛めている状態です。利用する際はゴミの持ち帰りはもちろん、きちんと使っていただければと思います」(担当者)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中