2020年 9月 26日 (土)

巨人の岩隈獲得で「若手育成」どうなる V奪還に向けて怒涛の選手補強

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   巨人は2018年12月6日、メジャーリーグのマリナーズを退団していた岩隈久志投手(37)と来季の選手契約を結ぶことに合意したことを発表した。今年9月にマリナーズを退団した岩隈は、球団からコーチの就任要請を受けていたが現役を希望。米国、日本の両国で移籍先を探していた。岩隈の日本球界復帰は楽天時代の11年以来となる。

   巨人の大型補強第5弾は、日米通算170勝の大物右腕だった。現役メジャーリーガー、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27)の獲得に始まり、中島宏之内野手(37)、炭谷銀仁朗捕手(31)、丸佳浩外野手(29)に続いての大型補強。投手陣では今オフ初の補強となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

原監督の剛腕発揮で楽天との争奪戦にも完勝

   ペナント奪回のためにはなりふりは構っていられない。球団史上3度目のワーストタイ記録となる4年連続V逸の指揮官が「剛腕」を発揮した。岩隈は2009年のWBCで日本代表のエースとして活躍。そこで指揮をとったのは原辰徳監督で、強い信頼関係で両者は結ばれている。

   岩隈を巡っては、水面下で楽天が獲得に乗り出しており、古巣復帰が有力視されていた。これに対して巨人は当初から岩隈に興味を示し、獲得の可能性を匂わせていたが、ここにきて一気に事は動いた。正式契約は後日行われる予定で、同時に入団会見も行われる。

   チーム編成に関して球団から全権を与えられている原監督は、これまで野手陣の補強に着手してきたが、投手陣の補強は手付かずだった。今季、チームの低迷の一因として投手陣の駒不足が挙げられ、今オフの先発投手の補強は必須だった。岩隈は右肩に不安があるものの、日米通算170勝の実績、経験値は高く、先発ローテンションの3番手、4番手としての期待がかかる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中