2019年 4月 22日 (月)

「主犯」はスーマラ武智なのに... とろサーモン久保田は「叩かれすぎ」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   2018年の「M-1グランプリ」放送後に発生した、とろサーモン久保田かずのぶさん(39)とスーパーマラドーナの武智さん(40)による、上沼恵美子さん(63)への暴言問題について、「久保田ばかりがたたかれていて良くない」との声がネット上で上がっている。

   12月2日にM-1に出場し、予選で7位となった武智さんは、番組出演後にインスタグラムでライブ配信を実施。この放送に、昨年のM-1でグランプリを獲得した久保田さんが泥酔状態で出演。2人は名指しこそしなかったものの、動画の中で上沼さんを批判した。

  • 久保田かずのぶさんのインスタグラムから
    久保田かずのぶさんのインスタグラムから

泥酔していたのは久保田さんだったが...

   火を切ったのは久保田さんで、「酔ってるからってのを理由にして言いますけど、そろそろやめてください。自分目線の感情だけで審査しないでください」とバッサリ。続けて、「お前だよ、分かるやろ。1番右側のな、クソが」「クソみたいなやつが審査してさ......」と、上沼さんを批判した。

   続けて武智さんが、「右のオバハンには、みんなうんざりですよ」「自分が売れるために審査員するんやったら、やめてほしいですよね」と上沼さんを非難。加えて、「更年期(障害)かと思いますよね」との暴言も飛び出していた。

   これらの心ない発言だが、中でも悪質との声が強いのは武智さんの「更年期かと思いますよね」だろう。この暴言はほかの暴言よりも性差別的意味が際立っているからだ。そもそも問題のインスタライブも、武智さんのアカウントで行われている。

   ところが、今回の騒動でクローズアップされているのは、知名度の高さもあってか、主に久保田さんのほうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中