2019年 10月 14日 (月)

いっそ広島に獲られたい!? 丸「人的保障」と巨人若手の内心

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   巨人は2018年12月12日、FAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償にともなう28人のプロテクトリストを広島に提示した。広島は金銭補償と人的補償プラス金銭補償のいずれかを選択することが出来るが、以前より人的補償を求める意向を示しており、年内にも選手獲得へ動く可能性が高くなった。

   丸外野手が巨人入りを表明した直後、広島の鈴木清明球団本部長は人的補償を優先する意志を明かした上で、「1年でも活躍できるなら(年俸が)高くても問題ない」と語っており、獲得を目指す選手について若手に限らず、補強ポイントにマッチすればベテラン選手の獲得も辞さない構えを見せた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

大型補強でますます壁厚く

   より獲得選手の幅を広げてきた広島。通常ならば、プロテクトから外れた選手は結果が出るまでは戦々恐々のはずだが、関係者によると、広島への移籍を希望している若手の選手が少なからずいるという。

   巨人は今オフ、丸外野手をはじめ、現役メジャーリーガーのクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27)、炭谷銀仁朗捕手(31)、中島宏之内野手(36)、岩隈久志投手(37)を獲得し、大型補強に成功した。12球団随一のスター軍団であり、投手陣、野手陣とも激しいレギュラー争いを強いられる。

   その一方で、2軍はイースタン・リーグを4連覇中で若手の成長ぶりも著しい。松原聖弥外野手(23)は、今季イースタンでリーグトップの打率.316をマーク。和田恋外野手(23)は18本塁打、87打点でイースタン2冠王に輝いた。この2選手はプロテクトが想定されるが、巨人の外野手は丸、長野久義(34)、陽岱鋼(31)、亀井義行(36)、重信慎之介(25)らが控えており、若手がチャンスをものにすることすら難しい状況にある。

   投手陣においても同様で、エース菅野智之投手(29)を筆頭に選手の層は厚い。来季から岩隈投手が加わることで、先発陣により厚みが増した。駒が一つ増えたことで、その分、構想から外される選手が出てくる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中