2019年 12月 10日 (火)

上原浩治「プロテクト外し」に自ら反論 「何も裏はないですよ」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   プロ野球・巨人から自由契約となった後、再契約を結んだ上原浩治投手(43)が、FA(フリーエージェント)制度の盲点をついた「プロテクト外し」だったのではないかという見方に反論した。2018年12月14日更新の自身のブログで「何も裏はないですよ」とつづった。

   巨人は今オフ、FAで広島から丸佳浩外野手(29)、西武から炭谷銀仁朗捕手(31)を獲得。両球団には、人的補償に伴う28人のプロテクトリストを12日までに提示したが、その直後に上原と再契約を締結した。このタイミングをめぐり、巨人に疑いの目が向けられていた。

  • 上原浩治投手のブログから
    上原浩治投手のブログから

「自由契約になって、プロテクト外しが目的ではないかと...」

   上原はブログで「本日、ジャイアンツと無事契約してきました。来年もジャイアンツで頑張ります! どうなるか不安との戦いでしたが、キャンプでのテストをすることなく契約をしていただきました」と報告。続けて

「このことで、また訳の分からない憶測が飛んでますね 自由契約になって、プロテクト外しが目的ではないかと... 球団がどう考えていたかは、自分には分かりませんが、何も裏はないですよ」

と自ら「プロテクト外し」説に言及、「自由契約になってから、他の球団から話は無かったですし、ここでもし話があれば、いろいろ考えることはあったでしょうね」と続けた。

   上原は今季終了後の10月に左膝の手術を受け、自由契約になった。球団は術後の回復具合を見て再契約を判断したと見られるが、自由契約の期間はわずか46日だった。

   巨人は上原と自由契約中だった12日までに、広島と西武に28人のプロテクトリストを提示していた。FAに伴う人的補償はリスト外の選手が対象となるが、提示した時点で支配下登録外である自由契約の上原は、リストに含めるまでもなく対象外となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中