2020年 9月 22日 (火)

YouTubeで人気の「テキスト動画」 全文引用横行で弁護士「著作権法違反の可能性」

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   報道媒体の記事を引用して、映画のスタッフロールのように流す「テキスト動画」。YouTube(ユーチューブ)では人気のジャンルで、再生回数が急増している「急上昇」欄にたびたび掲載されている。

   ユーチューブでは著作権侵害に当たる投稿は禁止しているが、記事を全文"引用"したテキスト動画も少なくなく、「グレーゾーン」となっている。

  • 実際に投稿されたテキスト動画
    実際に投稿されたテキスト動画
  • 実際に投稿されたテキスト動画

「マツコ引退」動画は160万再生

   「マツコ・デラックスが突然の芸能界引退宣言..."本当の理由"に涙が止まらない...業界騒然のアノ人との関係が判明!!」「紀平梨花と本田真凜を比較した渡部絵美の発言がエグイ!ポスト浅田真央争いのゆくえはどうなる?」――。いずれも、急上昇欄に載ったテキスト動画だ。

   インパクトが強く、思わずクリックしたくなるようなタイトルが特徴で、テキスト動画を専門に配信する投稿者も多い。

   2018年12月7日に投稿された「マツコ・デラックス~」の動画は、週刊実話(12月13日号)の記事「バラエティー界が慌てふためくマツコ・デラックスの芸能界引退説」と、SmartFLASH(光文社)の「マツコ、運転手が欲しくて会社を設立していた」(11月29日配信)を組み合わせた内容。ナレーションはなく、ピアノ曲をBGMに、文字が下から上に流れる構成だ。

   ほぼ全文を語尾を変えてコピーし、動画の大半は引用部分で占める。引用元は明記されていない。タイトルで「引退宣言」と言い切っているが、実際はただの憶測だ。12月17日現在で約160万再生を記録する。

   J-CASTニュースで配信した記事「森田童子さん死去、素顔は謎のまま 『ぼくたちの失敗』大ヒット」(6月12日配信)をもとにしたテキスト動画も見つかった。本文を全文引用し、最後に「(動画について)ご意見ご感想をお待ちしています!」「日々更新していますので、職場の誰よりも芸の情報に長けた人になれますよ!」とのテロップが流れていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中