2019年 9月 23日 (月)

あと3年で「億り人」になる! 20代で資産4800万円超えの兼業トレーダー・あやたかさんが語る「キマジメ」投資術

印刷

   高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。

   その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。決して慢心しない。ストイックにマーケットと向き合い、投資を研究する。そんな若手有望トレーダー「あやたか」さんに、投資の流儀を学んだ。

news_20181217183224.jpg
目標は「20代で億り人」! あやたかさんは3年後を見据える

本で得た知識をもとに、独学で進めた株式投資

   あやたかさんは、「なんでもまずは自分でやってみる」人だ。16歳で実家を飛び出し、高校生活をアルバイトでなんとかやり繰り。18歳になってからは、学校の授業料と生活費を稼ぐためにアルバイトに精を出す傍ら、ガラケーのオープンアプリをまとめたホームページをつくったり、週末にバイクのせどり(転売)をしながら生計を立てた。それこそ寝る時間を惜しんで働いた。そうやって貯めたのが、投資の元手の50万円だ。

   「当時、お金を稼ぐには、起業か投資の2択だと思ったんです。起業は現実的ではなかったので、まずは投資を選びました。ニュースでアベノミクスが話題になっていたため、自分でいろいろな情報を調べた結果、まずは株式投資をすることに。最初に買ったのは不動産関連の中・小型株でした」。そう言って、当時を振り返るあやたかさん。

   「現物取引で、100株ずつ。中・小型株を買っていました。だけど結局、どれを買ってもプラスになる時代だったんで......」と「ツイていた」というが、運だけで50万円の元手が5000万円近くに増えるはずがないことは、少しでも投資をかじった人なら、わかるだろう。

   1年ほどした2013年に信用取引を始めて、資産は300万円に増えていたが、初めて下落相場を経験した。バーナンキ・ショックだ。資産があっという間に50万円減ったなか、あやたかさんは「相場が下落することを学んで、投資方法を改めないといけないなと思った」と、冷静に考えたそうだ。

   株式投資を始めてすぐは、株をやっている人がまわりに誰一人いなかったこともあり、知識はすべて本から得たという。ひたすら本を読んで、ひとりで学んだ。「それができたのは、実際に利益が出てたからですかね(笑)。利益が出てなかったら、証券会社のセミナーにも行っていたかもしれないです。でも、行く時間があったら銘柄研究やスクリーニングするほうが自分はおもしろかったですね」

姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック