2020年 2月 26日 (水)

テリー伊藤vs 西川史子&デーブ・スペクター ローラ「政治的発言」めぐり大激論

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「普天間どうするの、ってところまで考えて言っているのであればいい」。「『解決策がないから発言するのはよくない』というのはおかしい」――。

   モデルのローラさん(28)がインスタグラムで辺野古埋め立て中止を請願する署名を呼びかけたことを巡り、2018年12月23日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で大舌戦が展開された。ローラさんの行動に賛成するテレビプロデューサーのテリー伊藤さん(68)と、否定的なのテレビプロデューサーのデーブ・スペクターさん、タレントで医師の西川史子さん(47)らが真っ向対立。互いの主張を主張でさえぎり合う大激論となった。

  • 番組生放送中に大舌戦
    番組生放送中に大舌戦

「立場を考えると、リスクの高い発言をする必然性を感じない」

   ローラさんの「政治的」発言を受け、12月19日にツイッターで「ローラのキャラ設定は迷走中」と呟いていたデーブさん。「ローラは昔から大好きですよ」と前置きしつつも

「どこに住んでるか、何になりたいかわからない。結局仕事は今、CMタレントなんです。ローラの立場を考えると、リスクの高い発言をする必然性を感じない」
「普天間の返還や、工事止めてどうするのかっていう代案はどうなる? 辺野古の話題を取り上げる場合、トピックは選んだ方がいい」

とバッサリ。西川さんも「沖縄の問題は環境問題だけではないから」と厳しい顔で語り始め、

「普天間どうするの、ってところまで考えて言っているのであればいい。『沖縄の海をきれいに』とかは政治家だって誰だって思いますよ」

とローラさんが解決策にまで言及しなかったことを批判した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中