2020年 9月 30日 (水)

私は賛成派なのに「だから南青山は...」 貶められる「普通の住民」の胸中

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   「児童相談所等の複合施設建設には賛成です」「より良い世の中にする為にはそこにあるべきだと思います」――

   南青山に児童相談所が建設されることに対する、賛成派の住民の声だ。一部住民が強硬に反対する様子が報道され、「南青山」という街そのものへのバッシングも広がるなか、少なからぬ地元住民が、計画に賛意を示している。J-CASTニュースは本件に対して、賛成派の住民2人に取材した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

住民ならではの視点で、懸念される点も

   反対派とされる住民に対しては、ツイッターなどで「お金はあっても心は貧しい」といった厳しい声が相次いでいる。しかし2018年12月21日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)では、100人の住人にアンケートを実施。賛成73人、反対16人、どちらでもないが11人だった。

   20年青山に在住しているという男性・Aさんは、12月19日、文章や写真を投稿するサービス「note」に本件に対する考えを綴っている。J-CASTニュースが12月24日に改めて思いを聞いたところ、Aさんは、

「児童相談所等の複合施設建設には賛成です。近くには小学校、特別支援学校、幼稚園、保育所があり、青山地域で様々な人を受け入れられる体勢が大いに揃っていると思います」

と賛同の意を示す一方で、

「昼は非常に賑わい、夜もある程度の時間まで人通りが多いため、子ども達や母子、父子家庭の方々に安心して頂ける環境かは非常に心配です」

と、むしろ利用者の安全に対して懸念を示した。

   12月21日に取材したヘアサロンを経営する男性・Bさんは、南青山に12年ほど居住している。児童相談所の建設に対しては、

「児童相談所の建設には賛成です。今、国が必要と感じて作ろうとしてるのだから、より良い世の中にする為にはそこにあるべきだと思います」

と話している。Bさんはすでに近くに特別支援学校や青山児童館等があることに触れ、周囲では特に気にしていない住民が多いとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中