2019年 5月 20日 (月)

米津玄師、DAOKOとの紅白コラボはあるか 大晦日の夜に「打上花火」待望論

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   シンガーソングライターの米津玄師(よねづ・けんし)さん(27)が、2018年12月31日の「NHK紅白歌合戦」に初出場する。披露するのは「Lemon(レモン)」だ。

   発表されたのは、放送直前の12月26日。またNHKホールではなく、徳島県からの中継出演とあって、ファンからは喜びと驚きの声が出ている。

  • 出場者発表から1か月半、ついに…(画像は11月14日の会見)
    出場者発表から1か月半、ついに…(画像は11月14日の会見)
  • DAOKOさんは初出場会見に1人で出席した
    DAOKOさんは初出場会見に1人で出席した

出身地・徳島から生中継出演

   米津さんは、ボーカロイド楽曲をニコニコ動画に投稿する、いわゆる「ボカロP(プロデューサー)」出身。12年から本名名義で、自らボーカルも担当している。その後は、「アイネクライネ」、「LOSER」、「orion」、「ピースサイン」など立て続けにヒットを連発。18年に入ってからは、「Lemon」がドラマ「アンナチュラル」(TBS系)の主題歌としてブレイクしたほか、最近もソニーのCMソング「Flamingo」がテレビで連日放送。その氏名の読みにくさが、ソフトバンクのCMでネタにされてもいる。

   そんな今年の「顔」だが、11月14日の紅白出演者発表会見には、姿を現さなかった。しかしその後も、週刊誌や夕刊紙では、生放送への出演経験がないことをネックとしつつ、NHKが交渉中だと報道。ついに今回の発表に至った。ちなみに「週刊文春」12月27日号では、「紅白に出てほしい歌手」ランキングの3位に米津さんの名前が入っていた。

   なお、米津さんは紅白初出場どころか、テレビで歌うことすら初めて。「女性自身」や音楽ナタリーなどによると、出身地である徳島からの中継を提案され、出演を決めたという。その背景には、昨年他界した祖父への思いがあったとも報じられている。

ファン「打上花火も歌えばいいのになあ」

   そんな中、視聴者から期待されているのは、紅組から出場するDAOKOさん(21)とのコラボだ。DAOKOさんの出場曲「打上花火」は、作詞作曲を米津さんが手がけ、シングルは「DAOKO×米津玄師」名義で発表された。

   また、この曲は、紅組司会・広瀬すずさん(20)主演のアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の主題歌でもある。東京と徳島をつないだ「二元中継」を待ちわびる声は、ツイッターに多数出ている。

「打上花火も歌えばいいのになあ」
「打上花火の男声パートも歌うんやろか」
「米津さん紅白でLemonはめでたいが、ついでにDAOKOさんも徳島へ行って打上花火を一緒に...ダメ?」

   白組出場者が、紅組出場者と一緒に歌うのは、「歌合戦」の本旨から言えばちょっと違和感がある。ただ前例はあり、たとえば17年には、椎名林檎さんとトータス松本さんが「目抜き通り」をデュエット。それぞれが紅組・白組として出場する「スペシャルコラボレーション」として位置づけられていた。果たして、大晦日の夜空に、ふたつの花火は打ちあがるのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中