2019年 10月 21日 (月)

「平成31年硬貨」って、製造されるの? 造幣局に聞いた

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   今年2018年も、残すところ2日となった。「懐が寂しい...」と思いつつ、財布の中身を確認しながら、買い物に行く方も多いだろう。

   会社からの帰り道、スーパーやコンビニで晩ご飯を買って帰る...というのが、記者の日常生活である。小銭入れを持ちつつ、レジに並んでいるときに、ふと思った。来年の平成31年は5月1日をもって「新元号」となる。

  • 平成31年の「硬貨」は製造されるのか?
    平成31年の「硬貨」は製造されるのか?

「昭和64年」の場合は...

   そもそも「平成31年硬貨は存在することになるのか?」という疑問だ。そこで、硬貨を製造する造幣局に聞いてみた。

   同局広報によると、

「『平成31年硬貨』は作られる予定です。財務省との貨幣製造契約というものがあり、すでに準備をしています」

とのことだった。

   昭和64年は1月7日で終わってしまったが、昭和天皇の場合は「崩御」であり、今回のような「生前退位」ということではなかった。従って、昭和64年の硬貨は製造されており、現在でも流通している。

   しかし、来年5月以降は「新元号」となるため、必然的に枚数が少なくなる気がする。そうなると、プレミアがつくのでは?

「『貨幣価値』ということで、詳しいことは申し上げられません。コレクターの方々が『どこに価値を見出すか』によっても、変わってくるかもしれませんね。因みに『昭和64年』は6日で終わりましたが、さほど(価値は)付いていない、という話です」

と言う。

   平成最後の「31年硬貨」、持っておけば、ひょっとして将来、高値が付くかも!?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中