2019年 1月 23日 (水)

郷ひろみ、紅白リハで「止められた」過去が 「それ以来毎年...」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   歌手の郷ひろみさんが2018年12月30日、「第69回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した。

   音合わせでは、本番に着用する予定のキラキラに輝く上着をまとっていた。ところが、首には入館証が。実はこれにはワケがあった。

  • リハーサル中の郷ひろみさん
    リハーサル中の郷ひろみさん

「まわりから言われたことをそのまま受け取る」

   郷さんは報道陣から、音合わせの際に入館証を首からぶら下げていた理由を聞かれると、こう話した。

「昔、(紅白歌合戦で会場に訪れた際に)警備員に止められたことがあって、それ以来毎年つけるようにしています」

   その際に「入館証をつけていたら大丈夫」だといわれたため、音合わせでもつけていたという。自身は「まわりから言われたことをそのまま受け取るA型」だとして、「病院から5日間薬を服用されたら、5日間飲みます」と、まじめさをのぞかせた。

   今年の紅白歌合戦では、「GOLDFINGER '99」のスペシャルアレンジバージョンを披露する。平昌五輪、サッカーワールドカップ、夏の甲子園といった今年のスポーツの名シーンを振り返るような演出を予定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中