2020年 10月 23日 (金)

「炎上できることも才能ですよ」 田端信太郎は、だから「燃える」ことを恐れない

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

「爆死しない程度」には炎上をコントロールできている

――賞状では「炎上の使い手」と表現させていただきましたが、「言葉の使い手」が正しいですね。

田端:(旧ライブドア時代に事業責任者だった)ライブドアニュースでの経験から、ニュースやトピックス記事の見出しの「てにをは」をどう変えると、ページビューがどんな風に変わる、といったニュアンスはよくわかるんです。結構僕は炎上しているのかもしれないけど、黒焦げ死亡での炎上爆死はしていない。こうやっていけしゃあしゃあと、今日も「ありがとうございます!」って、炎上アワードをもらってる(笑)。あんまり繊細ではないかもしれないけど、少なくとも爆死しない程度には、火加減コントロールができている気がします。

――今後の目標を教えてください。

田端:ツイッターは大好きなんですけど、ツイッターの一本足打法みたいになっているのが、個人的にはアレで。ひっそりインスタとかもやっているんですが、僕にそういうおしゃれさは求められてないんだなあと。そういう意味では、ツイッターだけもあれなので、それ以外のプラットフォームでも存在感を増やしていきたいですね。

――最後に、読者に向けて一言お願いいたします。

田端:炎上できることも才能です。僕は炎上して暖を取りますので、炎上したくてもできない、あるいは、そもそも炎上なんかしたくもないよ、という皆様は、ぜひプライベートブランド「ZOZO」の新商品、吸湿発熱インナー「ZOZOHEAT」(990円)を着て、温まって頂ければ幸いです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中