2019年 8月 18日 (日)

レコ大でのDA PUMPに「感動」 大賞は逃したが...

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   毎年恒例となった「第60回『輝く!日本レコード大賞』」が2018年12月30日に行われ、アイドルグループ乃木坂46の「シンクロニシティ」が大賞に輝いた。

   SNS上では、祝福の声があがっているほか、ダンスボーカルグループ「DA PUMP」の「U.S.A.」が大賞を逃したことに、残念がる声も上がっている。

  • 画像はDAICHIさんの公式ツイッターより
    画像はDAICHIさんの公式ツイッターより

U.S.A.は「優秀作品賞」と「特別賞」に

   「シンクロニシティ」は、2018年4月にリリースされた新曲。乃木坂46は、昨年のレコ大でも大賞に輝いているため、2年連続受賞にSNS上では、「こっちまで、嬉しいなぁ」「凄く心に響きました!」「ただ幸せな気持ちになる」などと、祝福の声が上がっている。

   その一方で、DA PUMPが約3年半ぶりに出した新曲「U.S.A.」が大賞を逃したことに残念がる声も少なくない。

   「U.S.A.」は2018年6月のリリース以降、「ダサかっこいい」として注目を集めている曲だ。動画配信サービス「YouTube(ユーチューブ)」では、1億3000万回以上再生されており、耳に残る歌詞や、親指を立てた状態で手を振る「いいねダンス」といった真似しやすいダンスなどが、人々の心を掴んでいる。

   爆発的ヒットとなったため、多くの人が「U.S.A.」が大賞に輝くとの予想をしていたようだが、結果は惜しくも大賞を逃し、「優秀作品賞」と「特別賞」の受賞となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中