2019年 1月 22日 (火)

紅白司会・内村光良「去年よりヒドイですよ...」 放送7時間前なのに「ゲスト未定」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「第69回NHK紅白歌合戦」のリハーサル3日目が、2018年12月31日に行われた。

   放送当日のリハーサルだけあって、会場のNHKホールは本番さながらの緊張感の中、出演歌手たちが次々と登場。リハーサルの1日目や2日目と違い、多くの出場者が私服ではなく衣装で舞台に立つなど、本番に向けて完成度を高めるための最後の確認が行われた。そんな中、本番直前にもかかわらず、内容が詰め切れていないワンシーンが報道陣の笑いを誘った。

  • リハーサルで三津谷寛治に扮する内村光良さん
    リハーサルで三津谷寛治に扮する内村光良さん

去年は「Sexy Zone」にダメ出し

   報道陣の笑いを誘ったのは、総合司会の内村光良さん(54)扮するキャラクター、「NHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクター兼紅白スーパーバイザー」の三津谷寛治が登場する「三津谷の部屋」のリハーサルだ。NHKホールのスクリーンに、別室からの映像が映し出されると、そこには内村さんとムロツヨシさん(42)、DA PUMPの7人に加え、他にも「ゲスト(未定)」と書かれたプラカードを下げたスタッフ2人が同席していた。

   開口一番、内村さんは「まずは、『ゲスト未定』。何と、この時間(12時ごろ)になってもゲストが決まっていません」と、番組開始7時間前のリハーサルであるにもかかわらず、スタッフが代理をつとめていることにダメ出し。そこにムロさんが、「紅白って、これぐらいのかたちで(本番直前のリハーサルを)やるもんなんですね」と合いの手を入れると、内村さんは「去年よりヒドいですよ」と、今年の段取りの悪さを嘆いた。

   三津谷寛治は、NHKのコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」の人気キャラクターだ。出演者に「NHKらしさ」を求める堅物で、昨年も「三津谷の部屋」のコーナーが行われた。

   当時、「問題のある出演者を呼び出してダメ出しをする」とのコンセプトで呼び出されたのは「Sexy Zone(セクシーゾーン)」だった。この時、内村さんは「あなた方のグループ名、際どいです。NHK的にギリギリです」とダメ出し。「NHKに入る際はSafety Zone(セーフティーゾーン)と名乗ってください」と無茶振りし、視聴者の笑いを誘うなどしていた。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中