2019年 11月 12日 (火)

筋肉、刀剣、U.S.A.... 「カオス紅白」まとめたウッチャンに絶賛の声

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「近年まれにみるカオスです」――2018年の「第69回紅白歌合戦」で総合司会を務めた内村光良さんは、番組内でこんな驚きの声を上げた。

   視聴者が抱いた感想も同様だったようだが、内村さんは、次から次に登場する強烈なキャラの出演者たちと巧みに渡り合いながら、番組を進めていく。その鮮やかな手法を讃える声が、ネット上で出ている。

  • 「三津谷寛治」に扮した内村光良さん
    「三津谷寛治」に扮した内村光良さん
  • 「カオス」を演出した筋肉体操の出演者たち。写真はリハーサルのもの
    「カオス」を演出した筋肉体操の出演者たち。写真はリハーサルのもの

天童よしみさんの歌唱時に、「筋肉体操」の面々が乱入

   2018年の紅白をある意味象徴していたのが、NHK番組「みんなで筋肉体操」チームの出演場面だ。

   「筋肉は裏切らない」でユーキャン新語・流行語大賞の候補になるなど話題を呼んだ「筋肉体操」の面々が乱入したのは、なんと天童よしみさんの「ソーラン祭り節」だった。熱唱する天童さんをよそに、武田真治さん、村雨辰剛さん、小林航太さんの3人は、そのマッスルを見せつけながら筋トレを。さらに後半では、武田さんが得意のサックスまで披露した。冒頭の「カオス」発言は、このステージに向けられたものだ。

   「刀剣乱舞」ミュージカルの世界から飛び出してきた「刀剣男士」たちも、まさにカオスだった。

   自身のステージ後、山内惠介さんとのコラボでは、朗々と歌い上げられる演歌の中で、意表を突く流麗な殺陣を見せた。演歌と若い女性に人気の刀剣男士の組み合わせで、山内さんが、「刀剣乱舞」の劇中の敵である「時間遡行軍」に狙われており、それを守るための闘いを演じた。放送後は、「審神者(劇中で刀剣男士を率いる人物。ゲームにおけるプレイヤー)感はんぱなかった」といった声がツイッター上で「刀剣乱舞」ファンらから上がった。

   「カオス」が最高潮に達したのが、後半戦のトップバッターとなったDA PUMPの「U.S.A.」だ。出演者たちがずらりと並んでの「U.S.A.ダンス」に、筋肉体操組と刀剣男士も参戦。ノリノリで踊る様子がアップで映し出された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中