2020年 7月 9日 (木)

「十分チャンスある」→「やらせちゃいけない試合」 天心VSメイウェザー、解説陣の「手のひら返し」露骨

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

視聴者「解説者のコメントもう少し考えて欲しい」

   試合後、那須川に期待を寄せた解説陣のトーンは一転する。関根さんは「体重差から考えて無茶なマッチ」と不快感を示し、高田統括本部長も「本当はやらせちゃいけない試合。下手したら、一歩間違えたらボクシング生命を絶たれるようなウェイト差」と警鐘を鳴らした。

   この「手のひら返し」に違和感を覚えた視聴者も少なくなかったようで、

「解説『体重差を考えたら無茶なマッチ』 散々煽っておいて(それも仕事なのだろうが)よく言えるわ」
「負けたからって、階級差だとか、もともと組んじゃいけない試合だとか、解説者のコメントもう少し考えて欲しいね」

といったツイートが散見される。ラッパーの呂布カルマさんもツイッターで、 「体重差がどーとか主催側が今言うなよ...」 とつぶやいた。

   各報道によれば、RIZINの榊原信行実行委員長は試合後の会見で、批判は承知の上だったといい、「僕はやって良かったと思っている。(批判する)そういう人は(競技としての)ボクシングを見てください」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中