2019年 1月 16日 (水)

「長野移籍」への伏線なのか 巨人・原監督、ラジオ発言の意味深

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   広島がFAで巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、巨人の長野久義外野手(34)を選択する方針を固めたと、2019年1月7日に東京スポーツWEB版が報じた。記事によると、広島は年明けに長野獲得の方針を固め、早ければ7日にも広島、巨人両球団から発表される見込みとされる。

   昨年、巨人からFAの人的補償として内海哲也投手(36)が西武に移籍し、世間の注目を浴びた。巨人の功労者である内海が28人のプロテクトリストから漏れていた事実は、球界に大きく揺るがし、衝撃が走った。そこにきてまたも生え抜き功労者の移籍報道。背番号「7」がプロテクトから漏れ、広島へ移籍となれば内海以上の衝撃となる。

  • 画像イメージ
    画像イメージ

陽岱鋼「ものは凄い」、長野の評価は...

   巨人は昨年12月12日までに広島に28人のプロテクトリストを提出。これに先立って広島の鈴木清明球団本部長は、丸外野手が巨人入団を表明した11月30日に「(プロテクト)リストを見てから」と前置きした上で、「いい選手がいたら取りにいく。(年俸が)高くてもいく可能性がある」と話しており、投手、野手に限らず、しかも高額年俸の選手でもリストから漏れていれば獲得に動く意向を示していた。

   内海に続くベテラン大物選手のプロテクト漏れの可能性は十分考えられる事態だったが、ネット上では巨人ファンから「長野が漏れているのでは」の声が上がり始めていた。事の発端は、2019年1月1日に放送されたラジオ番組「開局60周年 ラジオ日本新春スポーツスペシャル 徳さん×原監督 ジャイアンツ復権への道」(ラジオ日本)での原辰徳監督(60)の発言だ。

   番組内では原監督が今年の抱負を語りつつ、新戦力の炭谷銀仁朗捕手(31)、丸佳浩外野手(29)、中島宏之内野手(36)らに言及。外野手に関しては、松原聖弥外野手(23)、重信慎之介外野手(25)ら若手のポテンシャルに触れつつ、陽岱鋼外野手(31)を「(持っている)ものは凄い」と高く評価し来季の活躍に期待を寄せた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中