2019年 1月 18日 (金)

偽・前澤「100万当選」DMにご注意 「ん?怪しいな」と受信者が気付いたワケ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ZOZOの社長・前澤友作さんによる「100万円を100人に」プレゼント企画において、偽アカウントからの当選DMが複数のツイッターユーザーに送られている。

   前澤さんは2019年1月5日、投稿をツイート・自身のアカウントをフォローした100人に100万円をプレゼントすると宣言。応募は7日23時59分に締め切られ、8日9時~13時ごろの間に当選者にDMを送った。

  • 偽アカウントからのDM(画像は受け取ったユーザーより提供)
    偽アカウントからのDM(画像は受け取ったユーザーより提供)
  • 偽アカウントからのリプライ(1枚目とは別のアカウント)
    偽アカウントからのリプライ(1枚目とは別のアカウント)
  • 本物の前澤さんは注意喚起(前澤さんのツイッターより)
    本物の前澤さんは注意喚起(前澤さんのツイッターより)

偽物「住所の方をこのDMに記載して下さい」

   J-CASTニュースは1月8日、前澤さんの名前をかたったアカウントからDMが来たというユーザーに話を聞いた。

   DMが来たのは8日10時30分ごろ、ツイッターのユーザー名とアイコンは本物の前澤さんと同じ「Yusaku Maezawa (MZ) 前澤友作」となっている。しかし本物のユーザーIDが「@yousuck2020」なのに対し、DMの送り主は「@zserfsa」となっている。

   DMの内容は、「当選おめでとうございます!見事100名に選ばれた貴方に100万円をプレゼントさせて頂きます!ご自宅まで直接現金を支部の方が届けに行きますので、住所の方をこのDMに記載して下さい」となっている。DMを受け取ったユーザーは、

「DMを見たときは、本物のように思いましたが、住所を返信させるというスタイルに違和感を覚えたのが第一印象です。その後、アカウントを確認したところフォロワー数を確認して違うことを確信しております」

と話しており、個人情報は提供していない。

本物の前澤さんは偽物に注意喚起

   このほかにも、ユーザー名が微妙に異なる偽アカウントが「前澤友作です。RTありがとうございました。抽選の結果当選しました。おめでとうございます。DM解放お願いいたします」といったリプライ(返信)を送ったり、友人の作った偽アカウントからDMが来るというケースが起きたりと、ツイッター上はちょっとした騒ぎとなっている。

   しかし、先に紹介した例のように分かりづらいケースもあるため、応募したユーザーは注意が必要だ。前澤さんは8日13時ごろにDMの送信を完了したとツイートしている。さらに11時40分ごろには、

「偽 前澤友作からのDMにご注意ください。必ずプロフィール欄を見ていただきツイッターの認証マーク(色はブルーです)があるのを確認ください。名前の横にブルーの認証マークがついている前澤友作のみが本物の前澤友作です。偽 前澤友作さん、多くの人の夢を壊すようなことはやめましょう」

と投稿し、偽アカウントに注意するよう呼び掛けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中