2019年 10月 22日 (火)

「NGT山口事件」元検事の見解 関与メンバーは罪に問われる?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

暴行することを事前に知っていれば...

   ほかのメンバーが自宅を教えたり男をそそのかしたりしたという山口さんの訴えについても、コメント文で何も言及しておらず、ツイッター上などでは、「山口の言い分とかなり食い違う」と疑問が上がった。さらに、メンバーの関与も一部分かったため、「認めた以上何も無しって訳にはいかんだろう」「何らかの処分が必要だ」との指摘も出ている。

   元東京地検特捜部検事の高井康行弁護士は、もし男が暴行することをメンバーが事前に知っていれば幇助罪になるとしたが、知らなければ、自宅を教えたりしても、共犯にはならないと言う。

   男2人は、不起訴処分になったと報じられているが、高井弁護士は、暴行は親告罪ではないため、被害届を取り下げても、事案が重大なら起訴されるはずだとして、事件そのものは軽微などと検察が総合的に判断したのではないかとみる。

   ただ、仮にそうだったとしても、迷惑をかけたメンバーやファンに心配をかけた運営側が先に謝罪すべきだったと指摘している。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中