2019年 6月 20日 (木)

竹田恒泰氏、父の贈賄疑惑捜査に「ゴーン報復」疑う 事実なら「民度低い」と不満

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   作家の竹田恒泰氏が、父で日本オリンピック委員会(JOC)会長の竹田恒和氏に対する仏司法当局の捜査について、「ゴーン逮捕の報復と見るのが普通」との持論を展開している。

   捜査のニュースはくしくも、日産前会長のカルロス・ゴーン被告の追起訴と同じ日に明らかになった。恒泰氏に限らず、なんらかの関係を疑う声は決して少なくないが――。

  • ゴーン氏逮捕との関係は?
    ゴーン氏逮捕との関係は?

疑惑は「事件にもならず終息」主張

   「先ほど携帯いじっていましたら、Yahoo!ニュースのトップに父の顔が出てまして」――恒泰氏は11日夜、捜査の一報が入った直後に生出演した動画番組「言論テレビ」で、こう苦笑した。

   各メディアの報道を総合すると、JOCの竹田会長には2020年の東京五輪招致に関する贈賄の疑いがかけられており、2018年12月から予審手続きが開始、竹田会長も聴取を受けたという。

   息子である恒泰氏は「言論テレビ」の中で、一連の疑惑は「事件にもならず終息」したものとして解決済みとの見方を示し、このタイミングでの捜査に疑問をにじませた。そのうえで、キャスターを務めるジャーナリスト・櫻井よしこ氏から、ゴーン氏逮捕との関連性について話題を振られると、

「そういうの(報復)って、どちらかというと『民度』の低い国がやることかなと思っていた」
「フランスももしそういう感じ(報復)でやってるとしたら、あまりにも民度が低いんじゃないか」

と、報復か否かについての見方はひとまず留保しつつも、仏側への不満をあらわに。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中