2019年 12月 13日 (金)

運営の対応「すべてが間違っていた」 指原莉乃がNGT問題で見解

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   NGT48の山口真帆さん(23)が暴行被害を受けた問題で、HKT48の指原莉乃さん(26)が2018年1月13日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で運営側の対応について「すべての対応がひどかった」などと改めて批判した。

   指原さんはHKT48では劇場支配人も兼務しており、メンバーと運営側の間に立つとも言えるポジション。松本人志さん(55)らから「運営のトップに」と期待する声もあがった

  • 指原莉乃さん(2018年10月撮影)
    指原莉乃さん(2018年10月撮影)
  • 暴行被害を告白した「NGT48」の山口真帆さん(2017年6月撮影)
    暴行被害を告白した「NGT48」の山口真帆さん(2017年6月撮影)

「このままうやむやにしてはいけない」

   指原さんは、今回の事案について「彼女(山口さん)の映像を見て知ったので、私たちも(こうした事件があったことは)知らされていなかった」とした上で、運営側の対応が後手に回ったことを指摘した。

「すべての対応がひどかったように感じます。彼女に対する対応もそうですし、こうなってしまった後の対応も、すべてが間違っていたと思います。どうにかしてあげることはできなかったのかなと思いますし、私がツイッターで運営に対する批判めいたことが『ガス抜き』として思われて、運営側が『もういいのかな』と思うようなことは絶対にあってはいけない。このままうやむやにしてはいけない」

   指原さんは1月10日、山口さんが劇場で謝罪し、NGT48を運営するAKSがコメントを発表したことを受けて、自身のツイッターで運営を批判し、山口さんへの応援をするコメントを寄せていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中