2019年 11月 12日 (火)

ティラミスヒーロー「大好きな日本で、なんでこんなことが...」 他社が商標登録、企業側は謝罪し「使用権譲渡」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   シンガポールの著名な菓子「ティラミスヒーロー」のブランドロゴについて、日本の菓子メーカー側が「企業戦略の一環」として商標登録し、ティラミスヒーロー側がロゴを使えなくなった。

   ティラミスヒーロー側がロゴ変更で困っていることをツイッターなどで明かすと、ネット上でメーカーへの批判が相次ぎ炎上状態になった。これに対し、メーカー側は、ロゴの使用権返上をサイト上で発表し、騒ぎについて謝罪した。

  • ロゴのコピー被害を訴えたティラミスヒーローのサイト
    ロゴのコピー被害を訴えたティラミスヒーローのサイト

「私達の大好きな日本でこのような事がおき大変残念」

   ティラミスヒーローは、2012年にシンガポールで創業し、翌13年から日本のデパートなどでも瓶入りのティラミスを販売している。黒いマントとアイマスクを着けたネコのブランドロゴで知られている。

   ところが、公式ツイッター上などで18年12月末、ブランドロゴが日本でコピーされて使用できなくなり、「私達の大好きな日本でこのような事がおき大変残念」だと訴えた。そして、新しいロゴを作ったと報告し、「ティラミススター」や「アントニオヒーロー」の新ブランド名で販売を続けることを明らかにした。

   その後、別の瓶入り商品「ティラミスヒーローズ」の販売店が19年1月20日、東京・表参道でオープンすると、このティラミスを手がけるメーカー「ヒーローズ」側がティラミスヒーローの名前、ほぼ同じブランドロゴを商標登録していたとツイッターで指摘され、騒ぎになった。

   登録は、ヒーローズの社長が経営する別のパンケーキ会社「gram」(大阪市)の名前で18年中に行われていた。また、ヒーローズについては、店や商品の名前のほか、デザインは別だがネコのキャラを使っているところも似ているとの声も上がった。

   そこで、シンガポール本社の日本側運営会社にあたるティラミスヒーロー(千葉県松戸市)に1月21日、J-CASTニュースが取材すると、ロゴをコピーしたのはヒーローズ側と本社から聞いているとし、顧問弁護士が法的な対応を検討していると担当者が答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中