2019年 11月 18日 (月)

「業界への打撃は相当」「高齢者や地方は...」 コンビニ「成人誌撤退」出版界の衝撃

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   コンビニがコーナーを作っている「成人向け雑誌」について、大手3社が相次いで販売中止を打ち出したと報じられた。

   ネット上では、歓迎の声が相次いでいるが、出版界からは、「打撃は相当ある」などと反発の声が上がっている。

  • 「成人向け雑誌」コーナーが姿を消す
    「成人向け雑誌」コーナーが姿を消す

女性や子供、訪日外国人に配慮と報じられる

「トイレ待ちの子供がジロジロ見てたので無くなれば良いとずーっと思ってました」
「男性以外は良いとは思わないですよね」
「女性や子供目線では不快なのでなくなれば、すごく嬉しい」

   今回の販売中止が各メディアに報じられると、ニュースのコメント欄などでは、こんな声が多くの支持を集めた。

   報道によると、セブン-イレブンとローソンが2019年1月21日、ファミリーマートが翌22日、いずれも8月末までに原則として全店で成人誌の販売を中止すると明かした。

   理由としては、女性や子供のほか、20年の東京五輪などを控え、訪日外国人にも配慮したなどとされている。

   成人誌については、ミニストップがすでに、18年1月から全店で販売を中止している。千葉市などの行政からは、成人誌の表紙に「目隠し」を求める動きが出ており、こうしたことも販売中止に影響があったとの指摘も出ている。

   報道を受けて、「規制規制というのはあまり好きじゃない」「軒並み性描写が消える可能性がある」といった危惧の声も出たが、コンビニ各社の販売中止に理解を示す向きは多い。

   「成人雑誌は専門店で買えば」「今はネットとかでも手に入る」「日用品など品揃えを増やせばいい」などと、ネット上で書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中