2019年 2月 22日 (金)

NGT運営が地元紙に明かした「新事実」 「防犯体制の甘さ」浮き彫りに

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   NGT48の山口真帆さん(23)をめぐる事案について、運営会社のAKSが2019年1月22日、新潟で地元メディアの取材に応じた。東京で記者会見を開いた8日後で、その分いくつかの新事実も明らかになった。

   そのひとつが、山口さんを暴行した男が、山口さんの向かいの部屋を借りていたことだ。山口さんは日常的に暴行のリスクにさらされていたことになるが、男がどういった経緯で部屋を借りることが出来たかについても検証の焦点になりそうだ。

  • AKSは2019年1月14日に東京で記者会見した。地元紙の取材に新潟で応じたのは、その8日後だった
    AKSは2019年1月14日に東京で記者会見した。地元紙の取材に新潟で応じたのは、その8日後だった

これではオートロックあっても意味がない

   今回の事案をめぐっては、1月14日にAKSの松村匠・運営責任者兼取締役、NGT48劇場支配人の早川麻依子氏、副支配人の岡田剛氏が都内で会見。この3人が新潟市内で新潟日報の取材に応じ、その内容が1月23日の朝刊に掲載された。

   メディア報道レベルではなく、当事者発表レベルで新たに明らかになった事実は大きく4つ。ひとつめが

「山口さんの向かいの部屋を加害者の男ひとりが借りていた」

ことだ。男を住居侵入罪に問えなかった理由が明らかになったともいえる。仮にマンションにオートロックがついていても山口さんの安全を守る上では意味がなかったことになり、AKSは「防犯体制の甘さを認めた」という。同じマンションに住むメンバーは全員が引っ越しの準備を進めており、山口さんはすでに転居したという。

   2つ目が、事案について検証する第三者委員会をめぐるスケジュール感だ。構成メンバーは「1月28日の週にも」発表されるが、検証結果の取りまとめ時期については

「半年、1年先ということはあってはならない。可及的速やかにやりたい」(松村氏)

とするにとどめた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中