2019年 11月 17日 (日)

苦学生も「留学」しなくちゃいけないの? 「必修化」千葉大の負担軽減策

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   千葉大学は、原則として学生全員に海外留学を必修化すると発表し、ネット上では、「お金のない学生はどうするのか」といった疑問も出ている。

   学費が安くて国立大学を選ぶ人も多いのに「なぜ?」というわけだ。千葉大学に、このことへの対応を聞いてみた。

  • 留学必修化を打ち出した千葉大の人材育成策
    留学必修化を打ち出した千葉大の人材育成策

「学生のうちに海外経験するのは悪くない」の声も出たが...

   「あえて留学を必修化することでグローバル化の旗印にしたい。これから入学する学生にも選んでもらえる大学にしていきたい」。報道によると、徳久剛史学長は、2019年1月24日の記者会見でその意義を強調した。

   大学の発表や報道によると、千葉大では、2020年度から学部・大学院の全入学者を対象に、原則として1回、1週間から2か月までの期間で海外留学に行ってもらう。留学必修化は、国立の総合大学では初めてだという。

   必修化では、海外留学プログラムを拡充し、留学を支援する担当の教職員も配置する。16年度に新設した国際教養学部ですでに実施しており、その成果を見て全学での導入に踏み切った。

   費用面については、留学先の授業料は大学が負担する。渡航や滞在などの費用については、留学奨学金の給付などで一部をまかないたいとしている。ただ、必要な財源を確保するため、20年度以降の授業料値上げを検討するとも報じられている。

   千葉大の発表が25日になって各メディアで伝えられると、ツイッター上などでは、留学必修化について様々な意見が投稿された。

   「学生のうちに海外経験するのは悪くない」「とてもいい取り組みだと思う」「お金ないなら、海外留学のない大学に行けばいい」と好意的な書き込みもあったが、厳しい声も相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中