2019年 7月 17日 (水)

ドクターマリオ復活に「嬉しいぜ!」「これはやりたい」 スマホでも時間泥棒になりそう...

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   任天堂とLINEが2019年2月1日、協業によるスマホゲーム「Dr. Mario World(ドクターマリオ ワールド)」を開発・運営すると発表した。19年初夏の配信を目指し、価格は無料(アイテム課金)。日本を皮切りに、アメリカなど約60の国と地域で提供される予定だ。

   往年の人気パズルゲームが、スマホ版になって復活するとあって、ネットでは「やった!」「これはやりたいぞ」「相当時間溶かす人続出しそう」といった声が出ている。

  • スマホになって帰ってくる(C)2019 Nintendo Co-Developed by LINE and NHN
    スマホになって帰ってくる(C)2019 Nintendo Co-Developed by LINE and NHN

1990年に誕生、もうすく30周年

   「ドクターマリオ」は1990年、ファミリーコンピュータとゲームボーイ向けに発売された。「テトリス」や「ぷよぷよ」といった類似ゲームとともに、いまなお愛されている「落ちゲー」だ。上部から落ちてくる「カプセル」を操作することで、白衣に身を包んだマリオが「ウイルス」を退治するのが基本コンセプトとなっている。ルールは単純ながら、のめりこめる要素が多いため、ハマりやすい。

   来年で誕生30周年。「ディズニー ツムツム」のノウハウを持つ、LINEと組むということもあり、ツイッターでは期待の声が多い。

「やった!ドクターマリオだ!!嬉しいぜ!!!」
「スマホゲームやらないけど、これはやりたいぞ・・!」
「スマホ版でドクターマリオ出るとか、スマホ廃人になってしまいそうじゃ」
「ドクターマリオがスマホアプリになったら相当時間溶かす人続出しそう」

   また、プレイ中に流れるBGM「FEVER」と「CHILL」を思い出す人も多いようだ。

「ゲームのBGMが勝手に脳内に流れた」
「テテテテ テレレテッテ テテテテテ」
「変なアレンジしないでそのまま使ってほしい」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中