2019年 2月 21日 (木)

俊足はいいけど「肩」は... 阪神ドラ1・近本にささやかれる不安の声

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)に早くも不安の声が上がっている。

   阪神は2019年2月5日、沖縄・宜野座キャンプ第2クールを開始。「赤星2世」の期待がかかり1軍スタートとなったドラ1位近本だが、キャンプ第1クール終え、関係者から「肩の弱さ」を指摘する声も。センターライン強化の方針のもと、矢野燿大監督(50)の肝いりで獲得したドラ1の評価にキャンプ序盤で早くも疑問符が...。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「甲子園の深い位置からの返球を考えれば...」

   50メートル5秒8の俊足がウリの近本に期待されるのは、俊足を生かした守備範囲の広さ。他の球場に比べて広いことで知られる甲子園で守備範囲の広さは、外野手に求められる資質のひとつ。キャンプ第1クールの外野守備練習では、ドラ1選手らしくそつなく無難にこなした近本だが、関係者の間からスローイングに関する課題を指摘する声が上がっている。

   近本は高校時代、投手兼野手として活躍し、投手を期待されて大学に進学。だが、肩と肘の故障で3年時から外野手に転向した経緯がある。入団当初は、俊足と安定感のある打撃ばかりが注目され、不安要素が報道されることはなかったが、ここにきて肩の不安がささやかれ始めてきた。

   キャンプを視察した野球関係者は「キャンプでの守備練習を見た限り、近本は足が速くて確かにいい選手だが、外野手にしては肩が弱い印象を受ける。練習ということもあるだろうが、中継に入った野手への返球にスピードがないように見て取れた。守備範囲は広いかもしれないが、甲子園の深い位置からの返球を考えれば、不安はぬぐえない。これから実践練習に入っていけば、守備だけでなく打撃も課題が出てくるはず。現段階では即戦力として計算できないでしょう」と指摘する。

野手ドラ1「明るい話題」は大山くらい

   ここ10年の阪神の野手ドラ1は、2011年の伊藤隼太外野手(29)、2015年の高山俊外野手(25)、2016年の大山悠輔内野手(24)の3選手。このうち、伊藤と高山が開幕を1軍で迎えている。即戦力が期待された伊藤は入団以来、レギュラーに定着することが出来ず、昨季の公式戦出場「96」が最高。高山はルーキーイヤーこそ134試合に出場し、8本塁打、打率.275を残したが、2017年は103試合、6本塁打、打率.250に終わり、昨季にいたっては、わずか45試合に出場したのみである。

   ここ10年の野手ドラ1で明るい話題は大山だけだろう。プロ1年目の2017年は2軍スタートながらも、6月に1軍デビューを果たすと、9月1日の中日戦では4番を務め、首脳陣の期待に応えた。昨季は117試合に出場し、11本塁打、打率.274の成績を残し、レギュラーに定着しつつある。

   センターライン強化とともに近年の阪神の課題となるのが若手の育成。金本知憲前監督(50)は積極的に若手を起用してきたが、結果を残した選手は少なく、レギュラーに定着するまでに至っていないのが現状だ。2度の外れの末の近本の1位指名だったが、外れた1位はいずれも野手で、矢野監督の方針にぶれはない。即戦力投手を見送ってまで1位指名した近本。第2クール以降の実戦練習で真価が問われそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中