2019年 2月 17日 (日)

救急車内で「患者」が記念撮影 医師「(そんな)余裕あるならタクシーで」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「救急車内で写真を撮るのは避けて下さい」「救急車は映えスポットではありません」――。産婦人科医の高橋怜奈氏が2019年2月3日、ツイッターでこんな呼びかけをすると広く拡散された。

   「そんな事があるんですか...」「なんて非常識」と驚きの声が相次ぎ、中には「これ、救急隊あるあるです」といった反応も上がっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「#救急車デビュー」「#救急車で運ばれた」

   高橋氏は2月6日、J-CASTニュースの取材に、今回の呼びかけは同氏がSNSでフォローしている人物の投稿がきっかけだったという。

「格闘技をやっている人が試合後、笑いながら、時にはピースをしながら救急車でストレッチャーにのせられて同行者に写真を撮られていたり、減量に失敗して救急車で運ばれている写真が投稿されていたりするのをたまにみかけます。ほかにも、自身で救急車内を撮影した写真もありました」

   J-CASTニュース編集部でも確認すると、同様の写真がインスタグラムで複数見つかった。投稿には、「#救急車デビュー」「#救急車で運ばれた」などのハッシュタグが付いている。

   高橋氏は投稿の背景を「医療関係でない人にとっては珍しい光景であるため写真を撮りたい人や、自分の病気や怪我を心配されたいという承認欲求が強い人が撮るのだと思います」と分析。また、"SNS映え"狙いの人もいるとみる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中