2019年 10月 16日 (水)

「待ち時間ほぼゼロ」「人が少ないから...」 自虐PRのスペイン村、トレンド入りで広報「びっくり」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   三重県志摩市のテーマパーク「志摩スペイン村」が展開する学生向けキャンペーンサイトが、SNS上で話題となっている。

   来園者の少なさを逆手に「待ち時間ほぼゼロ」「(キャラクターとの)2shotも撮り放題!」と自虐的なアピールをし、好感を得ている。

  • スペイン村公式サイトより
    スペイン村公式サイトより

「スペイン村」トレンド入り

   今年で25周年を迎えるスペイン村。2019年2月9日からの春の営業に向けて公開した学生向けキャンペーンサイトが話題だ。

   「志摩スペイン村はまさに学生『スキ』放題パーク!」と題し、4つの魅力を紹介。「(アトラクションは)待ち時間ほぼゼロ!」「(写真撮影では)人が少ないから人の映り込みナシ!」「どこぞの施設ではありえない(キャラクターとの)2shotも撮り放題!」などと自虐を織り交ぜて紹介している。

   一般のツイッターユーザーが2月13日、サイトを「自虐ネタに走りました」と紹介すると、6万リツイートを集め、「このすがすがしい自虐っぷり...嫌いじゃない」「逆に行きたくなった」と好意的な声が相次いだ。同日には「スペイン村」がツイッターのトレンド入りまでした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中