2019年 11月 16日 (土)

朝霞市少女監禁、被告に懲役12年 1審より重く

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京高裁は2019年2月20日、埼玉県朝霞市で当時13歳の少女を誘拐し、約2年間監禁するなどして罪に問われた寺内樺風被告の控訴審で、懲役9年の1審判決を破棄し、懲役12年を言い渡した。各メディアが報じた。

   被告は14年に少女を誘拐し監禁した。少女に重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせ、監禁致傷などの罪に問われた。18年3月、1審のさいたま地裁で懲役9年の判決を受けていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中