2020年 11月 27日 (金)

羽鳥「僕は違うと思いますね」玉川「どう違う?」 ウーマン村本インタビューにスタジオ緊迫

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

「広めるために炎上させるのはダメだと思いますね」

   直後にスタジオトークに移り、玉川さんから「どうですか。伝える側として」と意見を求められた司会の羽鳥さんに笑顔はなく、厳しい表情で

「僕は違うと思いますね」

と断じた。長いインタビューだけに、どういう内容に対する感想なのかが問題となるが、玉川さんの「どう違う?」との質問に

「広めるために炎上させるのはダメだと思いますね」

と答えた。先に触れた「ツイッター」「炎上」云々の箇所への反応のようだ。

   思わぬ「反撃」に戸惑ったのか、玉川さんは自身が「刺さった」という他の論点(テレビ批判)について話題を転じようとしつつ、ツイッターについては「僕も炎上っていうことじゃないだろうな、それは村本さんのやり方ね、と...」と羽鳥さんの見解に理解を示そうとしていた。しかし、羽鳥さんは

「僕は違うと思います」

と、きっぱりした口調で繰り返した。

   ここで玉川さんらが同時に話そうとして、やや混乱状態になったあと、コメンテーターで女優の高木美保さんが「羽鳥さんに近いんですけど...」と、やはり厳しい表情で話し出す。論点が村本さんの「テレビ批判」にも及ぶため、関係する当人発言を確認しておくと、

「(たとえば中国のネガティブなニュースを聞くと)安心する人がいるんですよ。(略)だからネガティブなニュースは(頭に)入れる、信じる。やっぱり不安だから信じて安心するわけじゃないですか」
「だから信じたいんです。信じて楽になりたいんです。ということは不安なんですよ」

いった見解をベースに、テレビがそうした視聴者の要求に「乗っかってる」として、

「不安を解消するための道具で、真実を伝えるための道具じゃない。テレビは」

と批判を展開していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中